先輩社員の声

中小企業に決めた新卒生は、
入社後数年たった今、何を思うのか

入社後、入社前の想いやイメージに変化はあったのか
中小企業に入社を決めるにあたって「ここは見ておいた方がいい」と
思うところ(思ったところ)はどんなところか
中小企業ならではのやりがいは何か
など、経験者だから言えるリアルな気持ちを語ってもらいました。

エントリーNO.1 >>

 2015年入社 総合職

入社後の考えの変化に関して

説明会に参加した際、社長が「技術力より人間力を磨いてほしい」と話していたことに共鳴して入社を決めました。世のため人のためになるような存在でありたいと思っていたので、この会社ならそれが実現できるのではと思い文系で業界のことは全くわからないままでしたが入社を決めました。
入社後も基本的な考え方は変わりませんが、最近つくづく思うのは、自分が学生の頃掲げていた理想や正義感は「きれいごとだった」ということです。企業は利潤の追求が目的なので、「世のため人のため」とは言っても自社の利益あってのこと。「利益を上げる」ということと、「世のため人のためになる」ということを上手く統合させていく必要性があるという、今では当たり前のことを気づかされました。

就職活動中の学生へアドバイス

ナビやホームページなどの文字情報も、会社説明会での説明も、基本会社の良い面しか語られません。また、学生も、入りたい(気に入られたい)という気持ちがあるから、情報を鵜呑みにし、特にトップの発言は「絶対的なモノ」としてとらえがちです。それ故、少々気になることがあっても「社長が言うんだから大丈夫だろう」「社長がそんなこというはずはない」と思いがちです。でも、トップも間違ったことを言うこともあるし、(間違ってなかったとしても)その考え方が全てかどうか、自分に合うかどうかは別の問題です。
難しいことかもしれませんが、できるだけシビアな目、耳を持って公平に捉えることが必要です。また、休日や残業、住宅手当など条件的なことは聞きたくても躊躇してしまいがちですが、しっかり確認しておかないと入社してから「こんなはずじゃなかったと」後悔することにつながります。

中小企業で働く魅力は

ずばり、若くてもいろんなことを任せてもらえるところ。現在積算業務がメインですが、それ以外に配管設備の設計の打ち合わせに営業担当として同行したり、社内行事の段取りをしたり、新卒採用担当者として説明会や選考に携わったり・・・様々な業務に携わっています。先日はある建築会社の親睦旅行に会社代表として参加し、秋保温泉に行ってきました。後に、その会社から見積もり依頼が来て、仕事にもつながりそうです。社内外問わず、電話や対面で人と会話することが多く、説明会の時に社長から聞いた「技術力より人間力が大切」ということを実感しています。休日が少ないなどしんどいと思うこともありますが、その分やりがいも大きいのが中小企業の魅力です。

エントリーNO.2 >>

 2014年入社 設計職

入社後の考えの変化に関して

「設計職」で企業を探す中で今の会社を就職サイトで見つけて説明会に予約したのですが、正直サイトを見てもHPを見ても、手掛けているモノが身近になかったため、会社のことはあまりよくわからないまま説明会に参加をしました。ただ、会社の歴史が長かったので「職人気質の方が多くて硬い会社なんだろうな」という予想はしていました。ですがいざ説明会に参加してみると、予想はすべて大はずれ。社長や常務は明るくてフランクな人で、説明会後の座談会で登場した先輩方は非常に親しみやすい気さくな雰囲気。この時が最も考えていたこととの違いを感じた瞬間でしたが、逆に入社後はこのイメージ通りで変化は一切ありませんでした。

就職活動中の学生へアドバイス

手当たり次第に50社100社と受けて「数で勝負」するのではなく、「ここだけは譲れない」と思えるものをまずは自分の中で探し、その「譲れないもの」を基に企業を探して欲しいと思います。私の場合は「絶対に設計職に就きたい」という思いがありました。「譲れないもの」がないまま入社をし、いざ業務に就いてみて「こんなはずではなかった」と言って辞めてしまった話も聞いたことがありますし、そうなるのも無理はないと思います。ネットに情報は溢れていますが、ネット上で見たイメージに固定されてしまいますし、実際に目で見てどう感じるのかは全然違います。まさに私がそうでした。ぜひ就職活動ではまずは「譲れないもの」を決め、その上で足を運び、自分の目で確かめるようにしてみてください。

中小企業で働く魅力は

やはりフットワークが軽いことと団結力が強いことだと思います。大手でよく聞く、部署を飛び越えると手続きが面倒なことになる…といった憂鬱は一切なく、私も今設計職に就いていますが、その中で「こんな加工出来ないかな…」とアイディアが浮かんだら、すぐに現場で相談したり、調べたり出来ますし、現場のメンバーが外注先に問い合わせてくれたりと非常にフットワーク軽く取り組むことが出来ます。納期が非常にタイトだという時には全員で協力して「なんとか間に合わせるぞ!」と力を合わせる瞬間も多くあります。この距離感や団結力や、臨機応変な対応力は中小企業の魅力だと思います。

PAGE TOP