「おとなしいいい子」タイプ
「おとなしいいい子」タイプ

内勤やサポート職で「縁の下の力持ち」的な役割を持った人材を求めている企業からは高い評価が得られることも多い。でも面接やグループディスカッションでの「おどおど」「びくびく」した態度は問題外。波風を立てないように「みんなと同じです」と言っているだけでは自分を売り込むことはできない。