夢の商社マンへ!諦めなくて本当によかった!

就職活動スタート期

まずは大手からチェック

大学時代に留学をしていた経験から、その時に培った語学を使って働きたいと強く思っていました。商社で、かつ海外に関連会社があるかどうか。それだけがポイントでした。
もともと「商社に入りたい」と考えた理由は、「人と話す事が好きだから」だったのですが、就職活動を始めた頃は何回かメーカーの営業も見てみました。でも自分としては、メーカーでは多くの商品を扱うことはできないけれど、商社であれば本当に様々な商品を扱うことができるので面白そうだと思い、本格的に商社に絞るようになりました。業界に拘りはなく、12月から始めていたのでこの頃は大手の採用活動動きが活発で、自然と大手を中心に受けていました。やはり規模が大きくいろいろなことを行っているし、エリアも広いので大手に入社出来たらいいな、という気持ちでいました。

就職活動落ち込み期

中小企業も受け始めたのに

2月までは大手を中心に受験し、3月からはようやく中小企業の説明会も開始し始めたので、大手と中小を並行して受けていました。もちろん商社ばかりです。4月に入ってだんだん大手が少なくなり、5月の中旬には大手商社はほとんど落ちてしまいました。中小企業もうまくいかず、先輩に「GWくらいには皆だいたい決まる」と聞いていただけにGWを過ぎた頃は焦るばかり。6月に入り、中小企業ばかりを受けていたのですが、たいてい二次選考や最終選考で落ち「何で!?」「何があかんの!?」と落ち込んでいきました。大手を落ちた時は「そりゃ自分よりすごい人がたくさん受験していたから仕方ない」と自分を励ますことができましたが、もうこの頃はそんな事も言ってられず…。「受けてもどうせ落ちるし…」と思ったり、一回受かると期待しすぎて落ちた時一層落ち込んだりと…。本当に悪いサイクルに陥ってました。

就職活動出会い期

この会社は違う!

6月末にいよいよ受けている会社がなくなり、もう商社マンになることはできないかもしれない…と思った次の日、サポートアイさんに出会い、今の内定先の会社(もちろん商社です!)の説明会のことを知りました。今思えばあのタイミングでサポートアイさんに出会えたことは私にとっては本当に奇跡でした!
一次選考で本社を訪れた際、すごく雰囲気の良い会社だと思いました。今まで多くの商社を受けましたが、ほとんどの会社がバタバタと忙しそうで愛想がありませんでした。「でもこの会社は違う!この会社に入社したい!」と思ったのが正直な感想。しかしその日行われた面接では気合いが入り過ぎて空回り…。上手く話せなかったから絶対落ちたと思い、家に帰って「もう商社に入る夢は終わったんだ…」と落ち込んでいたんです。でもその夜、合格の連絡を貰い、まさか、合格できたとは思っていなかったのでまだ一次選考ではあったのですが、本当に嬉しくてつい一人で嬉し泣きしました。

就職活動決定期

嬉しい!!夢の商社マンになれる!!

二次選考も合格でき、その後「先輩との懇親会」という機会を設けていただきました。学生からのぶっちゃけ質問にも柔軟に対応して下さって、ますますこの会社に入りたい!と思うようになりました。
最終選考は社長を始め役員の方々が並ぶ、錚々たる顔ぶれで本当に緊張したのですが、「絶対入社したい!!」その気持ちだけは絶対わかってもらいたい!と猛アピールしました。
ついに内定をいただけた時は本当に嬉しくて、思わず飛び跳ねましたね(笑)本当に諦めないで良かった!と思いました。

就職活動を終えて

就職活動を経験した者として皆さんにお伝えしたいことは「絶対に諦めてはいない」ということです。これは私がもっとも感じたことです。どんなに落ち込んでも諦めなければ絶対道は開けると思います。諦めなかったからサポートアイさんとの出会いがあったんだと思っています。サポートアイさん本当にありがとうございました!!

PAGE TOP