「経営者側になってもらわな困る」そう言ってもらえた喜び!

就職活動開始期

狙いは中小企業

私は3月の解禁と同時に就職活動をスタートさせました。まずは合同企業説明会に参加し、そこで知った会社の単独説明会に参加していました。3月下旬にはナビも見るようになったのですが、見ていたのは基本的に、『中小企業で商社』。最初からなんとなく中小企業がいいなとは思っていたのですが、いろいろ調べるうちに「大手は同期が何百人もいる」という現実を知り、顔と名前が一致しない状況で誰が誰かわからないような環境は嫌だと思い、より中小企業に行きたいと思うようになりました。5月には一度学内セミナーにも参加したりして、4~6月はそういったやり方で説明会、選考と進んでいました。しかし正直、まったく順調ではありませんでした。

就職活動低迷~再開期

「動くこと」以外に答えはない!

選考が進みはするものの、4~6月は二次選考で落ちてばかり。だんだんと気持ちが萎えてしまい、7月に残っている会社を受け切ると夏休み開始と同時に就職活動を休憩していました。その時は周りの友達もそれほど内定を持っていなかったので、焦ることも特にありませんでした。その間、なぜ自分が二次選考でばかり落ちるのかを考えていたのですが、結局答えは出ませんでした。そうこうしているうちに友達から「次は最終」や「内定貰った」という話を聞くようになり「こうしてはいられない」という気持ちになりました。このまま考えていても答えは出ない!「動く」以外に答えはない!そう思って9月からもう一度本気で就職活動をするようになりました。

就職活動出会い期

より一層中小企業に行きたいと思うように

私は文系なので、営業で募集している会社であれば業界はこだわらずいろんな会社を見るようになりました。ですが規模はやはり中小企業希望!夏休みにももう一度考え、自分が中心となって働いていけそうだし、そういった働き方がしたい!と3月の頃より一層具体的なイメージを持って中小企業を希望するようになりました。そう考えるようになってからは最終選考まで行けるようにもなりました。その頃、偶然中小企業を紹介するというサポートアイさんに出会いました。

就職活動決定期

「将来経営者側になってもらわな困る!」

サポートアイさんから、どんな会社を希望しているのか事前に質問があり、その内容に基づいて私が興味の持てそうな会社を教えてもらいました。そこで出会った会社の最終選考で、社長と部長に「将来的には会社の中心となって経営者側になってもらわな困る!」と言ってもらいました。それはまさに自分が「こんな風に働きたい」というイメージのものでしたし、そんな風に言ってもらったことは今までなかったのでとても嬉しく、「この会社の中心となれるように頑張りたい」と思えたので、その会社に決めました。

就職活動を終えて

学校の掲示板に出ている会社が必ずしもナビに載っているわけではないことから、「ナビがすべてではない」ということがわかったのですが、それではナビに載っていない中小企業はいったいどのように探せばいいのかと悩んでる時にサポートアイさんに出会いました。興味のある分野も聞いてもらえ、希望に沿うような会社を教えてもらえたので、今の会社に出会うことが出来ました。本当にありがとうございました。

PAGE TOP