どこに縁があるか分からないから、まずは足を運ぶ

就職活動準備・開始期

まずはしっかり準備をして・・・

3月までは就職活動の準備をしっかりやっていきました。企業研究をして多くの業界、会社のことを知っていき、また、自己分析をして自分のことを見つめ直し、友人にも自分が客観的にどう見えてるかを聞いたりしていました。
3月に入って、合同企業説明会や単独説明会に参加しました。大手企業は事業分野が多岐にわたり、自分にとっては何となく働くイメージがしづらかったので、実際に入社した際に一緒に働く社員の顔が見える、中小企業をメインに受け、そしてそこで働く「人」が魅力的かどうかという視点で、会社をみていくようにしました。

就職活動下降期

他の人の方が優れているように感じる・・・

4月、5月にいろいろな会社の選考を受けましたが、なかなか良い結果が出ませんでした。やる気はもちろんあったのですが、どうしても不合格の通知が続くと気分も落ち込んでしまいます。気分が落ち込むと自信もなくなってしまうので、余計に結果に結び付かないという悪循環に陥りました。特に集団面接では、自分より他の学生の方が優れているように感じてしまい、なかなか堂々と臨むことが難しかったです。

就職活動転換期

「新卒1期生は河野君で良かった」と言われるように!

6月、7月は選考中の企業が落ちてしまって、予定が空くようになりました。7月からはまた新しく説明会を探して、切り替えて受けていくことにしました。そんな気持ちを新たに再スタートしようとした時に、サポートアイさんと出会いました。そしてある会社を紹介してもらいました。
正直、会社に行くまでは事業内容に関してよく分かりませんでした。しかし実際に行ってみると、社長の仕事に対する熱意に惹かれ、また仕事を楽しんでやっていらっしゃったので、「こんな人になりたいな」と純粋に思えました。また、会社でお会いした社員さんも、社長と同じ想いで仕事に取り組んでいると感じ、自分もこの会社で一緒に働けたら素敵だなと思いました。
ただし、不安なこともありました。それはこの会社が初めての新卒採用だったということです。でも社長から「私を含め、社員みんなでバックアップするから大丈夫」と言われ、気持ちが軽くなり、安心しました。自分の中でその言葉は大きかったです。そのまま選考もスムーズに進み、内定をいただきました。「1期生は河野君でよかった」そう思われるように頑張りたいです。

就職活動を終えて

どこにどんな縁があるか分からないので、業界は絞らず受けていった方が良いと思います。働いてみないとその業界、仕事が自分に合うかどうかわかりませんし、条件面だって結局は働いてみないと分からないと思います。会社を訪問して出会う「人」で判断するのが自分にとっては結果としてしっくりきました。「この会社のために頑張りたい!」そう思える会社に出会えるように頑張ってください!

PAGE TOP