試験勉強も就職活動も自分の「精一杯」を出し切りました!

就職活動始動期

両方なんて無理!悔いの残らないよう精一杯勉強しました

どんな仕事に就くとしてもたくさんの人の役に立て、やりがいを感じられることが一番大切だと考えていました。誰にとっても生活や健康は人生の基本で、そこに関わる仕事をすることは自分の考えている軸に合っていると思い厚生労働省の国家公務員試験を受験することを決めました。3回生の夏から勉強を始め、3月に入り周りが就職活動をスタートしている最中も、黙々と勉強に励みました。公務員を受けて落ちる可能性を考え、就活と両立しようかとも悩みましたが、「どちらも中途半端になるより、1本に絞って悔いの無いように取り組もう!」と割り切って勉強をしていました。しかし、結果は残念ながら不合格でした。全力で試験に挑み、やり切ったことで「縁」と「運」が無かったと考えることができ、すぐに就職活動モードに気持ちを切り替えることが出来ました。

就職活動決定期

「自分らしく」働ける会社を見つけました

自分の軸は試験に落ちてからも変えず、インフラ業界や住宅業界を中心に営業職で探すことに決めました。説明会でサポートアイさんと出会い、自分の就職活動の軸を伝えると「こんなところが合っていると思うよ!」と企業を紹介していただきました。当初は「サポートアイってなに・・・?」「企業を紹介してくれるって、そんな美味しい話があっていいの?」と半信半疑でした。しかし実際に紹介してもらった企業の説明会に参加し、あまりにも熱心に会社の説明や事業内容を伝えていただいたので説明会が終わる頃には、その不安は払拭されていました。そして紹介してもらった会社の面接では、最初から社長が参加され、様々な想いを伝えていただきました。気さくでとても話しやすかったことを覚えています。将来どういう人材になりたいかと聞かれた際に、「誰に対しても自分の意見が言え、納得が出来るまで議論ができる人材になりたいです」と伝えたところ「YESマンじゃない人が欲しいからそういった考え方はとてもいいね。」と言っていただきました。選考終了後すぐにサポートアイのスタッフさんから連絡があり、「清水くんのことをとても評価している」と伝えていただきました。自分の「こういう風になりたい」と思っていることを評価していただけたことで、この会社であれば「自分らしく働ける」のではないかと考え入社意欲がさらに高まりました。中小企業だったので不安が一瞬よぎりましたが、社長にご飯につれて行ってもらい様々な話をしていただき、「この人なら信用してみたい」と思えたので入社を決めました。

就職活動を終えて

断りのメールが来たときや、試験に不合格になったとき「自分はダメだ」と落ち込むこともあると思います。しかし全力でやり切った上での結果であれば、「縁」と「運」が無かったと割り切きることが大切です。改善するべきところは改善し、気持ちを切り替えて次に進むことが大事だと感じた就職活動でした。

PAGE TOP