妥協しない就職活動を!

就職活動準備期

自分の「軸」を決める時間

私は就職活動の解禁より前の2014年9月頃から「自分がどんな会社に就きたいのか、どんな仕事がしたいのか」ということを考えたり、実際にどんな会社があるのか調べるなど、早期から就職活動に向けて準備をしていました。大学院では生物資源を学んでいましたので、その知識と経験が生かせる会社がいいと考えていたのですが、調べてみると100%その分野に直結する会社はほとんど無いということを知りました。「少し視野を広げて活動しないといけないな」と思い、考えた結果、自分の軸は「世の中の“環境”という分野に寄与できる仕事であること」そして「大きい企業の中で駒として働くのではなく、小さな会社でもいいから、自分が中心となって事業を進めていくことが出来る会社であること」これが自分の軸になりました。

就職活動スタート期

価値観が合わない会社もあると気付いた

自分の軸が決まっていたことで、就職活動はある程度順調に進んだと思います。3月の就職活動解禁以降、私が感じたことは「就職活動では、色々な価値観に触れることが出来る貴重な時間だ」ということです。会社の方はもちろん、選考を一緒に受けている他の学生の考え方も含め、多様な価値観に触れることが出来たのは大きいと思います。そして「それが合わない会社であれば次の選考には進まない。妥協しない」ということが重要だと感じました。実際に会社訪問や面接を通してその会社を知る中で、「この会社は共感できるな」「この会社は合わないな」というところが見えましたし、その引っかかりが拭えないのであれば「この会社でいいか」と妥協することはしませんでした。印象的だったのが、ある会社の役員面接です。それまでは志望度も割と高い会社だったのですが、面接で話をしている中で「この人とは、どうも価値観が合わないな」と、その会社の専務と意見が対立した時がありました。お互い話をしましたが、結局最後まで分かりあえず、その会社はお断りしました。それまでは志望が高かっただけに、かなり残念でしたし、内定まであと一歩だった分もったいない気もしましたが、今ではあの時お断してよかったと思っています。

就職活動充実期

諦めず、粘り強く!

そんなことがありながらも、粘り強く活動を続けていきました。6月頃にサポートアイさんに出会い、就職ナビに掲載されていない優良企業を、自分の志望に合うところでピックアップしてもらい、最終的にその中から進んだ1社に入社することを決めました。事業内容はもちろん、会社の理念も自分の軸と合っていましたし、先輩社員の方や会社の雰囲気も良く「ここだ!」と納得して活動を終えることが出来ました。

就職活動を終えて

まずは「自分がどのような会社に入社したいか」という軸を決めることが大切だと思います。それを決めるまで悩んだり、不安になることもあるかもしれませんが、その部分が決まれば、後は内定に向けて諦めず、そして粘り強く、そして妥協せずやっていくだけです。そうすれば必ずいい出会いが待っています!がんばってください!

PAGE TOP