「認められたい!」と思う人に出会った。

就職活動準備期

インターンシップでいきたいと思える会社に出会った!

僕の志望業界、業種は「電気系のメーカー」の「営業職」で、3年生の8月頃に、その志望に合う会社のインターンシップに2週間参加しました。
その会社は社風が良く、事業内容も面白かったので、徐々に志望度が上がっていき、インターンシップが終わる頃には「この会社に入りたい!」と思うほどになっていました。
ただ、インターンシップでは選考は無く、就職活動が解禁になれば、選考を受けようと決めていました。そして、3月になり、就職活動が解禁され、早速その会社にエントリー。さらに、4月中旬から始まるその会社の選考の練習として、他の会社の選考に参加し、面接対策をしていました。

就職活動絶望期

第一志望の会社に落ちてしまった。

そして、4月中旬になり、とうとう選考が開始。僕はトントン拍子で2次選考まで進みました。その頃はすごく自分に自信があり、インターンシップに参加していたこともあって、「自分は受かるだろう。」と勝手に思い込んでいました。さらに、友達に「俺、多分ここ受かるから。」と宣言するほどでした。しかし、いざ蓋を開けてみると、3次選考で不合格…。僕の気持ちはどん底まで落ちました。さらに、「受かる。」と宣言していたので、恥ずかしさから、友達と会う事も避けていき、どんどん塞ぎ込んでいきました。その後、なんとか就職活動を再開しましたが、自信は無く、エントリーする業界もバラバラになり、気分が乗らなければ、会社説明会を欠席するなど、モチベーションが低い状態で活動を続けていました。

就職活動転換期

社長と出会えて良かった!

そんな状態が2ヶ月間も続き、8月に突入。この頃になり、ようやく「このままでは本当に就職出来ない…。本気でもう一度取り組もう!」と再起しました。サポートアイさんと出会ったのはその頃で、営業職を募集している、ある会社を紹介して頂きました。その会社は一次面接から直接、社長と会うことが出来、いきなりで緊張はしましたが、今まで会社のトップが自分とこんなに真剣に向き合ってくれるところはなかったので、素直に嬉しかった事を覚えています。さらに、その面接で社長から印象に残る言葉を言われました。それは、「社会で成功するには必ず運を持っておかないといけない、でも努力した人にしか、その運は手に入らない。だから君は運を呼び込む人間になりなさい。」という言葉です。僕は今まで、「自分は元々運の無い人間だ。」と思い込み、「運は呼び込めるモノではない。」と思っていたので、この社長の考え方に感銘を受けました。そして、選考が進んでいく中で、ますます社長の人柄や考え方に惹かれてき、「この人に認められたい!」と思うようになりました。そして最終的にご縁があり、迷わず入社を決めました。

就職活動を終えて

入社する会社を決める際、会社の規模や待遇、仕事内容は重要な事だとは思いますが、最も重要なのは「一緒に働く人」だと僕は思っています。就職活動中、非常に落ち込んでしまった時期もありましたが、最終的に、「認められたい!」と思える人に出会えて本当に良かったです。そのキッカケを作って下さったサポートアイさんに感謝です。ありがとうございました!

PAGE TOP