自分の軸を大切にして企業を選びました

就職活動軸決定期

自分の一番大切にするモノを決めました

学生時代、所謂「大手企業」でアルバイトをしていた経験から、会社の規模=働きやすさにつながるわけではないと思っておりました。ですので、大手でなくても、経営が安定しており、そこで働いている人たちの雰囲気が合うところで働きたいと考えていました。ニッチな産業でも、自分たちのやっていることにこだわりを持ち、高い技術力を提供している会社で本当に大切なことに対して真っ直ぐ取り組んでいる会社を探していました。私が思う「本当に大切なこと」とは「人」を大切にしている会社です。実際に入社を決めた会社は「人が資本」であると謳っているくらいお客様や従業員を大切にしています。就職活動において業界、職種、働く環境など・・・軸にするものは人それぞれだと思います。私の譲れない軸はこれでした。

就職活動奮闘期

何社も足を運びました

内定を決めた会社に出逢うまでに何社も説明会に参加しました。雰囲気が合わない、自分の軸と合わないと感じた会社は、選考さえも受けませんでした。「せっかく説明会にきたし一応受けておこう」という姿勢で受ける選考は、時間の無駄だと思っていました。サポートアイさんから紹介してもらう企業は自分の志望を伝えていたからか、「人」を大切にしている会社ばかりでした。そのうちの1社は、最終面接まで進みました。しかし、本番では緊張をして、しゃべり過ぎてしまいました。結果は不合格。正直落ち込みました。そんなときサポートアイさんから電話があり、お昼ご飯でも食べながら就活の状況でも聞こうかと誘っていただきました。その時にある会社の話をしてもらいました。とても興味が湧き、会社訪問にいってみたいと伝えると、部長に会いに東京に行っておいでということでした。展開が早すぎて状況についていくのに必死でしたが今思えば、サポートアイさんが会社側にもプッシュしてくださっていたのではないかと思っています。東京まで行き部長にお会いしました。サポートアイさんから聞いていた通りの会社で、この会社で働きたいと思えました。結果は翌日電話で「内定」と伝えていただきました。サポートアイさんからの合否の連絡は当日もしくは翌日には来ていたので、「合否の結果がすぐに知れる」という意味ではとても良かったです。

就職活動を終えて

面接はあまり難しく考えず自分の思ったことを率直に伝えるべきだと思います。自分の想いを伝え切れなくて落ち込むより、自分の想いの全てを伝え切っての不合格の方が次に活かせると思います!前向きに頑張ってください!

PAGE TOP