意志を持って現実的に考える

就職活動スタート期

“刺激を受けました。”

3回生の3月頃から、合同企業説明会には参加していました。自分の就職先についてしっかり考えるわけでも無く、「とりあえず始めよう」という漠然とした考えで就職活動を開始しました。しかし、その合同企業説明会でしっかりと就職活動に向き合っている周りにいる学生を見て、とても刺激を受け、自分も頑張らないといけないなと感じました。

就職活動奮闘期

“自分に納得するまで!!”

4回生の4月に自己分析や他己分析をしました。それで自分の長所や短所を発見し、エントリーシートや履歴書に書くようにしていました。自己PRを書く時に何を書こうかと悩んだこともありましたが、こういった発見が役に立ったのを覚えています。6月後半には一つ内定をいただいて安心していました。しかし、労働時間が不規則であったり、上京しないといけない等、親に反対されることもあり、現実的に考えた時にこれで良いのだろうかと考え直して、もう一度就職活動を再開することにしました。そんな時、友人からサポートアイさんのことを聞き、サポートアイさんから自分に合った企業を紹介していただきました。説明会では人事の方の熱の入った説明がとても印象に残り、質疑応答の時には会社のありのままの話をして下さいました。その熱心な説明や人の良さに、就職活動を始めた頃に自分がしたいと思っていた業界とは全く違っていたのにも関わらず、自分もこの会社で働いてみたいと思っていました。そして、内定をいただくことが出来ました。実際、6月の段階で就職活動を終えていたら後悔していたのは間違いないと思います。あの時に自分としっかり向き合い、友人達も内定を決めていく中で流されずに自分の意志を持って再開したことは、今になると本当に正しい選択だったと思います。自分のこれからの人生の事なので、納得がいくまで就職活動をしないと後々後悔すると思いました。

 

就職活動を終えて

“就職活動は社会人の第一歩!!”
私は就職活動をしている時に、説明会の日程を手帳にはきちんと書いているのに、頭の中で違う日を説明会の日だと勘違いしてしまい、当日遅刻をしてしまったことがありました。社会人になると自分の思い込みが招く少しのミスも許されなくなると思います。私はこのことがあってから、手帳をまめに見るようにし、確認を徹底するようにしています。就職活動をしている時にこの経験をしたことは、これからの自分にとっては本当に良い経験だったと思います。社会人になり、働き始めてもこういった確認作業はいつ、何時も心がけようと思います。

PAGE TOP