自分の意志をしっかり持つ。

就職活動準備期

積極的にインターンシップへ!

僕は人に何かを企画、提案する仕事に興味があり、旅行をすることが好きだったことから、観光・旅行業界の企業を中心に、2月頃から積極的にインターンシップに参加していました。インターンシップに参加したのは業界研究のためでもありましたが、あわよくば「内定をもらえたらな~。」という気持ちもありました。しかし、そう簡単にはいかず、勉強にはなりましたが、内定をもらうことは出来ませんでした。

就職活動スタート期

とにかく説明会へ!

3月になり就職サイトがオープンすると、「人に何かを企画、提案する仕事」を軸にエントリーし、説明会に参加していきました。この頃から僕は「早く内定が欲しい!」という気持ちが強かったので、とにかく積極的に行動していました。幸い、この積極性が功を奏して順調に選考が進んでいき、6月には最終選考まで残った企業がいくつかありました。その中には大手企業もあり、自分でも「順調に進んでいるな」という実感がありました。

就職活動開き直り期

最終選考が全然うまくいかなかった…。

その後、最後まで進んだ選考を受けましたが、結果は全て不合格…。さらに、ちょうどその頃、自分より遅れて就職活動を始めた友達が先に内定をもらったこともあって、落ち込むだけではなく、今までなかった「焦り」の気持ちも出始めました。しかし、行動しなければ状況は変わらないので、「こうなってしまったのはもう仕方ない!」と開き直り、以前よりも増して積極的に活動をしていきました。サポートアイさんと出会ったのはちょうどその頃でした。当時、僕はとにかく焦っていたので、サポートアイさんから自分の就職活動の軸に沿った会社を紹介して頂いて、すごく気持ちが楽になりました。さらに、スタッフの方から「もっと髪の毛を短くしたほうが印象が良くなるよ」、「しっかり背筋を伸ばさないとだらしなく見えるよ」など、自分ではなかなか気付かないアドバイスも頂き、それをその後の選考にも生かしていきました。

就職活動決定期

最後は自分の意志を貫いた。

最終的に、僕は紹介して頂いた会社に入社を決めたのですが、入社を決める際、その会社ともうひとつ別の会社の内定を持っており、その2社で悩んでいました。紹介して頂いた会社は広告業界の会社で、かなり規模の小さい中小企業でしたが、自分のやりたいことである「人に何かを企画、提案する仕事」が出来る会社でした。もうひとつの会社は、電子機器の商社で自分のやりたい仕事ではありませんでしたが、企業規模が大きく、安定したイメージがありました。親からは「大きい会社のほうが安心する」と言われましたが、僕は「どうせ働くなら企業規模で選ぶよりも、おもいっきり自分のやりたい仕事が出来る会社に行きたい!」と自分の意志を優先し、紹介して頂いた会社に入社を決めました。

就職活動を終えて

就職活動ではたくさん悩むことや、迷うことも出てきます。
そういったときに一番大事なのは、自分の「意志」だと僕は思います。人の意見を聞くことも大事ですが、最終的に選択して働くのは自分自身です。入社を決めるような大事な場面では、「自分はどうしたいのか」ということをしっかり考えて決断して下さい。

PAGE TOP