社長を見て、絶対ここに行きたいと思いました

就職活動まずは広く見る期

職種、業界はまったく決めずにスタート

私の学校では2月から「OB訪問」という名目で、学校内で企業の方に話を聞く機会がありました。昨年就活した先輩から「まずは絞らず、幅広く会社を見て自分の興味のある分野を探す方がいい」とのアドバイスを受けていたので、最初はまったく絞らず「なんとなく気になった」という理由で話を聞く会社を選んでいきました。3月に入ってからも活動の中心は学内セミナー。その頃は徐々に「まったく今まで聞いたことのない分野」もしくは今までの勉強を活かした「情報系の会社」、どちらかを中心に話しを聞くようになっていました。だいたい週に2回は学内セミナーがあったので、とりあえず学内セミナーに参加するということが自分としては「就活してる」という認識でした。

就職活動インパクト期

うらやましい!!

そうして就活を進めていた忘れもしない4月12日。研究室で初めての内定者が出ました。本命からの内定ということでスパッと活動を終了した彼を見て、本当にうらやましく思い、同時に危機感を覚えました。「このままではいけない」と感じた私はそこから、学内セミナーだけだった活動方法を変え、大きな会場で行われている合同企業説明会にも参加するようになり、真剣に将来を考えるようにもなりました。当時興味があった分野は職種は「SE職」と「技術営業職」。どちらも学内セミナーで話を聞いて「面白そう」だと思った職種です。特に強く興味を持っていたのは「技術営業」で、その職種を募集している会社をメインに説明会に参加しました。

就職活動悩み期

やりたいと思った職種のはずなのに、なぜ

4月末から「技術営業」で希望した会社の面接がスタートしました。興味があって受け始めた会社の面接。しかし何故か「志望欄」が書けない…。面接も二次選考以降進めない…。自分の中では思いがあったはずなのに、なぜ書けないのか、面接に進めないのか、自分でも原因がよく分かりませんでした。そこで学校の就職課に相談に行って、いろいろと考えを話すうちに、自分は「楽しそう!」と「働きたい!」が混在しており、その二つは違うものだということに気付きました。「技術営業がいい」と言いながら、たいして仕事内容も知らない事実に気付いたのです。もう一度仕事内容を見た上で、興味のある職種を考えようと思い、改めて「SE職」と「製造職」に的を絞り始めた頃、サポートアイさんに出会いました。

就職活動三本柱~決定期

想いを持った会社を知ることができる

就職活動の基本は「就職ナビ」か「合同企業説明会」か「学校推薦」か。この三つだと思っていたので、それ以外に会社の情報が知れるツールがあるのだと知って驚きました。初めてサポートアイさんに聞いた会社で、中小企業ではあるが想いを持った会社だということが伝わり、こういった想いのある会社なら他にも知りたいと思いました。そこから、「サポートアイ」「就職ナビ」「合同企業説明会」の三本柱での活動が始まりました。正直受ける企業数も多くなり、非常に忙しくなりました。そして、今の内定先出会いました。説明会では社長が直接出てきて、フランクな雰囲気の中でしっかり社長の想いを聞くことが出来、直感で「絶対ここに行きたい!」と思い、入社を決めました。

就職活動を終えて

私の場合、本格的に将来を考えだしたのが4月ですが、もっと早い段階で考えておけばよかったと思っています。どうしても自己分析を始めると嫌いな自分に直面してしまい、認識したくなくて避けてしまっていました。でも結局は必要なことですし、逃げて良いことはありません!(笑)就活自体はいろいろ勉強になって楽しいかったので、是非楽しみながら頑張って下さい。

PAGE TOP