先輩の「うちはめちゃめちゃ忙しい」という言葉に魅かれて

就職活動スタート期

学内セミナーで効率よく就職活動開始

4月から、まずは学内セミナーに参加して就職活動をスタートさせました。何がしたいのかまったく決まっておらず、学校では化学の勉強をしていましたが、化学を活かしたいという思いも、理系就職へのこだわりもありませんでした。学内セミナーでは企業側が募集学科や文系募集、理系募集といったことを出していたので「化」や「理」と書いてあれば、とりあえず聞いてみるという状態でした。でも「話を聞きたい」と思うブースの雰囲気はいつも決まっていて「人が少ない」ことと「説明がフランク」なブースです。人が多いと「とりあえずその場にいるだけ」になってしまってきちんと理解できないことが多く、なるべく人の少ないブースを選んで話を聞くようにしていました。話し方も、堅くて距離感を感じさせる説明より、フランクで距離感の近い話し方の方がしっかり伝わってくると感じ、そういった雰囲気のブースを選んでいました。毎日研究室の関係で学校に行かなくてはいけなかったので、そういう意味でも学内セミナー私にとって効率が良いものでした。

就職活動ナビも併用期

「化学」にこだわる必要はない

学内セミナーで参加したブースで「ナビからのエントリーも合わせて行うよう」言われ、そこから就職ナビも使うようになりました。ナビで検索すると「この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています」という情報も載っていて、そこから少しずつ検索する企業も広がっていきました。そうやっていろいろな会社を見ているうちに、今まで勉強してきた化学の内容がそのまま仕事に使えることは、まずない、と気付き、それであれば雰囲気の合う会社を選ぶべきだと強く思うようになりました。そうやって活動している中でサポートアイさんとの出会いもあり、情報を教えてもらいつつ、ナビで検索した会社も見て、5月中旬頃、内定先の会社の説明会に参加しました。

就職活動決定期

「うちはめちゃめちゃ忙しい」

6月中旬に今の内定先から「内定」の通知を貰ったのですが、実はその時他にも内定を3社、最終選考を控えていた会社が1社ありました。そんな中で今の会社に決めた理由の一つが「うちはめちゃめちゃ忙しい」という先輩社員の言葉。それを聞いて単純に「面白そう」と思いました。説明会でも、3年目の方が若いうちからいろいろと任され、大変ではあるがやりがいがある、相談すればいろいろ挑戦させてもらえる環境があると話していました。その話を聞いて「せっかくなら忙しく働いて、やりがいを持つべきだ」と思いました。でもやはり、即決できたわけではありません。そんな時サポートアイさんが、迷っているポイントを聞いてくれ「それなら」と、もう一度会社訪問して直接質問する機会を作ってくれました。実は他の会社にも同じように質問してみたのですが、他の会社はメールで回答がくるだけ。その丁寧な対応も、有りがたく、今の内定先への入社を決めました。

就職活動を終えて

就職活動は面倒だと思ったこともありましたが、トータル的には楽しかったです。いろんな会社の話が聞ける機会はそうそうありません。その中で自分のことも徐々にわかるようになって、そういった「発見」が楽しかったです。準備や移動など、「面倒だな」と思うこともあると思いますが、ぜひ「発見」を楽しんで頑張って下さい。

PAGE TOP