あきらめなければ何とかなる!

就職活動スタート期

公務員試験の勉強に打ち込んだ!

12月頃から、僕は公務員試験の勉強に打ち込んでいきました。僕が民間企業の就職活動をしなかった事には大きな理由が1つありました。それは僕が2浪、3留という経歴があり、「民間企業の就職活動をするよりも、公務員を目指すほうがうまくいく可能性が高いのではないか」と思ったからです。ですので、試験が始まる6月中旬までは、主に公務員試験の勉強をしていました。

就職活動転換期

公務員試験が終わって…

6月中旬に入り公務員試験がスタート。勉強した甲斐があって筆記試験には受かりましたが残念ながら面接で落ちてしまいました。不合格になり落ち込みましたが、「ここでくよくよしても仕方がない!今、自分のやれることは民間企業の就職活動だけだ!」と気持ちを切り替え、すぐに民間企業へエントリーを開始しました。民間企業の就職活動では、僕はもともとバイクや車が好きだったので「自分の好きなものに関わる仕事がしたい。」と思い、バイクや車の部品を扱っている中小企業のメーカーを中心に、営業志望でエントリーをしていきました。しかし、民間企業の就職活動もなかなかうまくはいきませんでした。経歴のせいか、書類選考で落とされることが多く、面接まで進んでも聞かれることはいつも経歴の事ばかり…。自分の中身をしっかり見てくれる企業はありませんでした。それでもあきらめたら終わりだと思い、挫けず説明会に参加し続けていました。

就職活動決定期

自分を見てくれる会社に出会えた!

あきらめずにエントリーを続けていたとき、サポートアイさんと出会い、ある会社を紹介して頂きました。そこは商社でしたが、いろいろな計測器や測定器を扱っている会社で、僕の好きなバイクや車にも多く使われているものだったので、興味を持ち説明会に参加しました。その後、選考に進み、面接を受けることになりました。面接では、社長が自分と真剣に向き合って話を聞いてもらったことがすごく印象に残りました。今まで何度か面接を受けましたが、こんなに真剣に自分と向き合い、中身を見てくれる会社は他になかったので、面接を終えた後、素直に「この会社で働きたい!」と思いました。そして、最終的に内定を頂き、迷わず入社を決めました。

就職活動を終えて

僕はずっと「あきらめなければ何とかなる!」と思って就職活動をしていました。
その結果、こんな経歴を持つ僕でも自分に合った企業と出会うことが出来ました。
就職活動では何度も落ち込んだり、挫けそうになることがあります。
そんなときは是非、「あきらめなければ何とかなる!」という言葉を思い出して頑張って下さい!

PAGE TOP