本当に行きたい会社に決まり、本当に嬉しいです

就職活動スタート期

それぞれの職種の仕事内容を知るところから

3月に就活をスタートさせた際、「理系就職しよう」という事だけは決めていましたが、設計職やSE職、製造職など、そもそもどんな仕事内容なのかわからなかったため、まずはその仕事内容を知るところから始めなくてはと思いました。そこで合同企業説明会に参加することにしたのですが、その時は学校に来る企業に親近感を感じており、学校の開催する合同企業説明会にたくさん参加していました。そして、その頃にサポートアイさんに出会いました。

就職活動不安期

徐々に見えてきた!「自社製品」開発への興味

4月上旬頃にサポートアイさんに出会ったのですが、その時期もまだそれぞれの職種に関して、どういった仕事をするのかを調べている状況でした。毎日ネットなどでいろいろ調べて会社のパンフレットもめちゃくちゃ見ていましたし、漠然とすごく不安を感じていました。その後、いろいろと企業を回る中でだんだんと自社製品がある方が面白そう、自社製品の開発に携わるようになりたいと思うようになり、サポートアイさんにも「メーカーで、自社製品の開発をしている会社に今は興味があります」と伝えました。その頃は、自分でナビなどで調べた企業と、サポートアイさんに教えてもらった企業との二本柱で企業探しをしている状態でした。

就職活動出会い期

「この会社に行きたい!!」

そういった形で会社を探す中で、サポートアイさんに教えてもらった数社目で出会ったのが、今の内定先の会社です。設計から開発、製造までモノづくりを一から行っているという説明に最初はすごく興味を持ちました。その後に会社を訪問して実際に話を聞いたのですが、驚いたのはその最初の訪問で社長に会えたこと。説明会の段階で社長が出てきていて、社長との座談会もありました。私の中で「社長が最初から出てきてくれる→社員をしっかり見ている→社員を大切にしている会社」という図式がすごく理解でき、その時の社長をはじめとする社員の皆さんの気さくな人柄も相乗効果となって、「この会社に行きたい!」と強く思いました。私が「好きなこと(興味のあること)にも携わっていけるのですか?」と質問すると、社長が「好きなことがあるなら、できるよ」と即答してくださったことも「行きたい」と思うきっかけになりました。「この会社から内定がもらえたら就活を終えよう」そう思っていたので「内定」の連絡が来た時は、本当にうれしかったです。両親にもすぐに報告しました(笑)

就職活動を終えて

私はたまたま割と早い時期にサポートアイさんと出会うことが出来、私の意向を聞いて会社を教えてくれる存在がいるということが、不安だらけだった自分にとって本当に心強いものでした。結果的に就活のほとんどをお世話になったのですが、就活をして初めて知った会社は非常に多くありましたが、その中でも本当に「行きたい」と思える会社を教えてくれたサポートアイさんには本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

PAGE TOP