面接に対する気持ちが変わった瞬間

就職活動低迷期

第一志望の会社が初面接。結果は・・・

もともと私は読書が好きで、印刷業界に入って仕事がしたいなと考えていました。
何社か説明会にも参加したのですが、たまたま第一志望の会社の面接が私にとって初めての面接となってしまいました。結果は散々な内容で当然不合格。「せめて大学の面接対策講座でも受験しておけば」と思いましたが、後悔先に立たずという言葉がぴったり当てはまる状態でした。

就職活動休養期

1ヶ月間就職活動を放り出しました

その後も何社か面接をうけましたがすべて不合格。だんだんやる気もなくなり、3月からの1か月間、1社も説明会に参加しませんでした。リクナビやマイナビなどの就職ナビも一切見ることなく、完全に就職活動を放りだしていました。しかし4月に入り、新学期になって久しぶりに会う友達と就職活動の話をすると、内定をもらっている人も数人いて、だんだん焦りを覚えるようになり、「僕も頑張らなければ!!」と思い再度スタートしました。

就職活動モヤモヤ期

気合いを入れたけど、うまくいかず・・・

しかしながら、選考に進んでも不合格が続き、どこが悪いのか分からず落ちることに嫌気がさしていました。「どこをどう直せばいいんだろう・・・色々気を付けているのに」と考えましたが、自分の中では、はっきりした理由が見つからず、モヤモヤしたまま就職活動を続けていました。

就職活動出会い期

明確に自分の欠点が分かった瞬間

サポートアイさんに出会ったときは、企業を紹介してもらう形の就職活動は初めてだったので少々とまどいましたが、実際説明を聞くと、「就職ナビに掲載されている会社以外にも面白そうな会社があるんだ」と思いました。
面接に行く際は、サポートアイさんも一緒に行ってくださり、「ここの社長はとにかく、元気な人が好きやから、元気出していき!」など毎回、的確なアドバイスをしてくれました。
「あれもこれも気を付けなければ」と思いつつも結局何も修正できないまま面接に臨んでいたのが、サポートアイさんからのアドバイスによって、「ここだけを気をつけて頑張ろう」という姿勢に変わりました。
サポートアイさんからは「面接では笑顔で元気に話す」ことをよく言われました。面接当日もそれだけを意識して臨みました。面接が終わってからも、色々な話をしていただきました。かけてくれる言葉が的確でとてもありがたかったです。
サポートアイさんに出会って、「ここだけを気をつけて面接に臨もう!」という姿勢になってから、面接がうまく進むようになり、最終的には内定を貰うことができました。

就職活動を終えて

最初の面接が第一志望の会社であったことは、今でも後悔しています。
練習でできないことは、やはり本番でもできないということを身に染みて感じました。友達でも先輩でも大学の先生でも、練習の場を作ってもらい自分が気をつけるべき点を明確にして、それを修正してから面接に臨むべきだと感じました。

PAGE TOP