「達成したい」という気持ちを持ち続ければ、必ず報われる!

就職活動奮闘期

大手に行きたい!

12月に合同企業説明会に参加して、自分の就職活動はスタートしました。合同企業説明会に参加して「なんてライバルが多いんだ!」と感じました。この頃は大手企業に行きたかったのですが、やはり人気だし自分には無理かも、という不安も抱えていました。初めて会社説明会に参加した時は衝撃的でした。何百人と会場にいたのです。ライバルの多さに不安を感じながらも、「絶対に負けないぞ!」とモチベーションは高く保っていました。その後の初めての面接では緊張して、頭が真っ白になり、何を話したかよく覚えていません。面接の練習はやっていたのですが、本番では全く違いました。1月から2月は週に2~4社、説明会に参加していました。やる気は十分にあり、積極的に選考にも足を運んでいたのですが、結果が出ないケースがほとんどでした。でも「まだまだ始まったばかりだし、これからだ!」と、気にしないようにしていました。

就職活動転換期

視野を広く、会社を見ていく!

それまでは大手企業ばかり受けていたのですが、2月の学内セミナーで中小企業の話を聞いてみて考えが変わり、人間関係が良い状態で働けるのであれば、中小企業も魅力的かもと思うようになりました。まだ大手企業にいきたいという気持ちはありましたが、中小企業の説明会にも参加していくようになりました。4月に入り、友人が内定をもらい就職活動を終えていきました。それまで落ち込むことなく取り組んでいたのですが、さすがに辛くなってしまいました。これだけ頑張っているのになぜ自分はうまくいかないのか。そして自分は大手には向いてないのかもしれないと思い、中小企業に絞って説明会に参加していくことにしました。何かを変えないといけない、という想いが強かったのです。中小の選考は大手とは全然違いました。一次面接から社長が参加する会社もあり、非常に新鮮でした。そしてこれまでとは違い、面接にも合格するケースが多くなったので、それは自分の自信にもつながりました。自信がつき、心にも余裕が生まれてきたからか、面接で思いもよらぬことを質問されても、答えられるようになりました。しかし最終まで進んでもなかなか内定はもらえませんでした。

就職活動決定期

自分の気持ちを必ず伝える!

8月上旬、友人からサポートアイさんを紹介してもらいました。サポートアイさんを通じて紹介してもらった会社は、自宅から通勤がしやすくて、社員の方々の雰囲気も非常に良く、もし内定をもらえるなら、ここで働きたい!と強く思える会社でした。そして最終選考まで進むことになったのですが、これまで最終で落ちてしまうことが多かったので、気合いを入れて自分の「ここで働きたい」という気持ちを伝えることを意識して臨みました。結果は合格。自分なりに考え、努力してきて結果がでたので本当にうれしかったです。

就職活動を終えて

あきらめてしまいたい瞬間はたくさんありました。多くの会社から不合格通知を受け取りましたが、自分が本当に入社したいと思った会社から内定をもらえたので、努力したことは無駄ではなかったです。
面接では着飾らず、自分らしく臨んでください。自分を偽って内定をもらっても、入社してからがたいへんだと思います。興味のない会社から内定をもらっても意味がありません。自分に嘘をつかず、辛抱強く頑張ってください。

PAGE TOP