めげずに自分を成長させて、内定を勝ち取る!

就職活動準備期

大学での専攻分野に固執する必要なない。

大学3年の8月に教授から、「2016卒の就職活動は開始する時期が変わるから、しっかり準備をして臨め」と言われていました。私は情報系を専攻していますが、その分野に関して自分の能力に不安があったため、違う業界を知っておきたいと思っていました。また、3月に就職活動をスタートする際に他の人より有利に進めていきたいという考えから、インターンシップで部品メーカーに行き、工場で製造の仕事を経験しました。仕事は楽しかったです。その経験により「やっぱり情報系の仕事に固執する必要はないな」と感じることができ、幅広く技術系を募集する会社を受けていこうと考えました。実際に現場で体験するからこそ感じられたことなので、今思うと早めに準備をして臨んでいて良かったと思います。

就職活動低迷期

それでもやれることをやる!

3月に入って、合同企業説明会、単独説明会、さらに選考と多忙な日々が始まりました。技術系採用の会社に幅広く足を運んでいきましたが、落ちてしまうケースが多かったです。それにより自分に自信をなくしてしまい、次の面接でもうまくいかない、という悪い流れが約2カ月間続きました。そんな時にサポートアイさんと出会いました。サポートアイさんが紹介してくれた会社は、ほとんどが会社訪問をした際に社長が直接、会社の説明をしてくれました。そして紹介された会社で不合格だった場合、自分のどこに原因があったかを電話で教えてくれました。私の場合、「挨拶の声を大きく、元気に話す!」そんな基本的なことができてなかったので、意識して変えていくことにしました。すると、今までと違って、面接で合格をもらえるようになっていきました。
6月、同じ研究室の友人が内定をもらって就職活動を終えていくようになり、焦りました。しかし自分では精一杯活動しているので、「どこか縁のある会社がきっとあるはず!」と信じてやっていくのみでした。

就職活動決定期

迷いは一切なかった!

7月、サポートアイさんから紹介されたある金属加工を事業の柱にしている会社で、結果的に内定をもらえることができました。実家に近い場所に会社があり、歴史があり、安定性もあり、社員さんが優しく、雰囲気も好きでした。「この会社なら楽しくやっていけそう」と感じることができました。迷いは一切なかったので、最終選考後の内定通知の電話を頂いた際には「すぐ他社全て辞退します。」と伝えました。その後に選考中の会社全てに電話をして、就職活動を終了することができました。

就職活動を終えて

面接で何度落ちても、「自分はだめな奴だな」と思わないでください。不合格になる原因を理解し、それを改善していけば自分に「縁」のある会社に出会えます。また、就職活動を通じて、もっと素晴らしい人になるチャンスもありますよ。追い込み過ぎず、時に息抜きをすることも大事です。
また、自分で会社を探すのは限界がありました。サポートアイさんに数社紹介してもらったのは本当に助かりました。ありがとうございました。

PAGE TOP