サポートアイとの出会いが運命を変えた

就職活動準備期

“「文系だけど製造がしたい」”

僕は昔から、人と積極的にコミュニケーションをとることが苦手でした。そのこともあり、自分がどんな道に進みたいかを考えるにあたって、「営業は向いていないだろうな」と思い、選択肢から外していました。また、父親がモノづくりの仕事をしていることから、製造の仕事を志すようになりました。しかしながら、自分は文系。「製造=理系」のイメージがあり、「本当に自分は希望通りの職に就くことが出来るのだろうか」という不安が、常に付きまとっていました。それでも、ゼミの模擬面接や大学での企業セミナーに参加するなど、12月頃から就職活動に向けて準備をしていました。

就職活動苦悩期

“「マッチングする会社が無い」”

就職サイトがオープンし、様々な企業情報をチェックしていきました。が、不安は的中。文系で製造職を募集する企業は、ほとんどありませんでした。あったとしても、詳しく募集要項や仕事内容を見ていくと、明らかに理系の知識を求めている記述が多く、「これでは自分が選考を受けても、通るわけがないし、入社後、自分が働くイメージが描けない。」と躊躇し、満足にエントリーすら出来ない状況でした。そんな中、希望に合いそうな会社が数社あったので、説明会に行き選考を受けましたが、どれも結果は不合格…。不安は高まるばかりで、次第に自信も失っていきました。

就職活動決定期

“「サポートアイとの出会いが運命を変えた」”

そんな時に出会ったのがサポートアイさんでした。紹介してもらったのは製造業で、中小企業ながらも「日本でここしかできない」唯一の技術力を持った会社。人物重視の選考で「たとえ文系であっても1から育成をしてくれる環境がある」という事を聞き、試しにその会社を訪問しました。その日は、僕1人に対して社長がマンツーマンで工場見学や技術の説明、企業理念、今後のビジョン、求める人材まで熱く語って下さり、中でも「興味とやる気さえあれば、私たちが一丸となって育成していくから、安心してほしい。絶対出来るようになるから!」と話してくれたことが印象的でした。会社の雰囲気や技術力、そして何より人の事を熱心に考えている社長の魅力に惹かれ、選考に進みました。その後、苦手な面接もありましたが、サポートアイのスタッフさんから「いつも通り、相手の目だけ見て話せば大丈夫!自信持って!」というエールに励まされ、面接を突破。無事内定を頂くことが出来ました。

就職活動を終えて

就職活動は「自分の将来を自分で決める」という、大事な時間です。当然、自分自身で道を切り開いていくものですが、何でもかんでも一人が抱え込む必要はないと思います。落ち込んだ時は、家族や友達に話を聞いてもらったり、時にはアドバイスしてもらったり。(僕の場合、たまたまサポートアイさんに出会い、情報提供やアドバイスも含め、随分とお世話になりました。)そのほかにも先輩や大学の教授、就職課の職員さんなどなど、周りに頼ってみてください。あなたは一人ではないですよ!

PAGE TOP