ベストマッチのきっかけをつくってくれた、サポートアイさんに感謝!

就職活動初期

“「自分の手を動かして、モノづくりがしたい!」”

僕は昔から自分の手を動かして、物をつくる事がとにかく大好きでした。その思いは変わらず、大学は工学部に進学し、研究室ではロボットアームをつくっていました。就職活動ではモノづくりの中でも「組み立て」が出来る会社を軸に、1月ごろから大学のセミナーに参加し、3月からは本格的に会社説明会、選考に参加。トントン拍子に選考は進み、順調な滑り出しでした。

就職活動苦悩期

“「受けたいと思える会社が減ってきた…。」”

しかし、そんなに上手くはいきませんでした。全て選考終盤で不合格になり、受けたいと思える会社も減っていきました。というのも、「組み立て」がメインで出来る会社が少なく、あったとしてもメイン業務ではなくあくまで仕事の一工程に過ぎない場合が圧倒的に多く、自分の志望にぴったりな会社を見つける事が難しかったのです。また、5月後半から6月にかけては、行きたいと思える募集内容でも「既に募集を終了している」「追加募集は未定です」という会社が多く、次第に不安と焦りが大きくなっていきました。また、丁度その頃は周りの友人が内定をもらい始めた時期でもあり、かなり滅入ってしまいました。

就職活動決定期

“ベストマッチする会社との出会い”

そんな時にサポートアイさんに出会い、志望に合った会社を紹介して頂けるということで、すぐに説明会に参加しました。就職サイトで必死に探してもなかなか見つからない状況の中、マッチングする3社を紹介して頂き、会社訪問や製造現場を見学しました。驚いたのが、はじめから社長が直接、仕事内容や会社のビジョンを話してくれた事です。中でも、一番熱心に話をして下さったのが、僕が入社を決めた会社でした。どんな会社にしていきたいか、事業展開はこう考えている、人材育成に関しては基礎からきっちりと指導していく…など1対1で真剣に話をして下さいました。従業員は50名にも満たない中小企業ですが、その熱意と、人を大切にする考え方に触れ「この社長の下なら、自分のやりたい仕事をして、自己成長出来る!」と確信し、入社を決意しました。これだけの想いを持った方に出会えた縁と、そのきっかけをつくって下さったサポートアイさん感謝です。ありがとうございました!

就職活動を終えて

就職活動がすべてうまくいった人なんて、ほんの一握りだと思います。多くの人がその道のりで、何らかの壁にぶち当たり、悩み、悲しみ、不安になったりします。僕もその一人でしたが、乗り越える事が出来たのは、その先に縁がある事を信じ、行動し続けた事だと思います。
そして、縁を掴むきっかけを、なるべくたくさん持つことも重要です。就職サイトやサポートアイさん以外にも、学校やハローワークなど、情報は至る所にあります。
とにかく行動あるのみ!頑張って下さい!

PAGE TOP