やっとわかった、自分はモノ作りがしたいんだ!

就職活動ぼんやり期

僕は何がしたいんだろう・・・

元々話すのが苦手な僕は、話し上手な人に少しでも遅れを取らないようにしようと12月からすぐ活動を始めました。でもその頃はなんとなく「理系就職したいな」くらいにしか考えておらず、「理系」や「技術」の文字がナビで目に付けばとりあえず説明会に参加する、という状況でした。さらに、大手に行きたいという思いもさほどなかったのですが「安定・安心のイメージだから」と、なんとなく大手の説明会にも足を運んでいました。大手を受けている時、気持ちの中では「説明会のイメージと入社してからのイメージって本当に一緒なのかな…」という不安はあったのですが、自分は何がしたいのかよくわかっていなかったので「不安はあるけど、まあいいか」と思っていましたね。
当然、当時の面接はほとんど落ちていたんですが、その中で一つだけ合格して次に進めたりしたので、「なぜ落ちるのか?」はもちろんのこと、「今回はなぜ合格したんだ?」という疑問もあって、全体的によくわからない、ぼんやりした状況でした。

就職活動クリアー期

ゼロからモノ作りがしたい!

たくさんの説明会に参加している中で、少しずつ「修理する仕事」より「ゼロからモノ作りする仕事」の方が面白いと思い、自社でモノ作りをしている会社を志望するようになりました。そして企業研究を進めるうちに、大手はモノ作りの一部しか任せてもらえないので自分には中小企業が合っていると思うようになりました。「中小企業でゼロからモノ作りがしたい!」そんな自分の気持ちに気付いた頃、ちょうどサポートアイさんに出会いました。

就職活動出会い期

ここでなら自分のやりたい「モノ作り」が出来そう!

サポートアイさんが紹介してくれる会社は自分の興味とマッチしていたので何社か紹介してもらい、そんな中で出会ったのが社長でした。一次選考で社長から「自分の興味のあるものがあるなら、やったらいい」と熱心に話していただき、ここでなら自分のやりたい「モノ作り」が出来そうだと思い「ここに入社したい!」と思うようになりました。だから内定をもらった時は本当にうれしかったです。

就職活動決定期

あの一言が背中を押してくれた

それなのに「いざ決める」となると優柔不断な自分が出てきて、悩んでしまったんです。「本当に今決めてしまっていいのかな」と思ってサポートアイさんに相談しました。その時言われた言葉が「100%の満足はない。入ってみないとわからないこともいっぱいある。でも迷って留まっていたら絶対何もわからない」。その言葉を聞いて「よし、悩んでいても仕方ない!今の気持ちに正直に、決めよう!!」と思えました。あの助言がなかったら、正直決断出来てなかったと思います。相談できる人がいたのは、ありがたいことでした。

就職活動を終えて

就職活動を始めるまでまったく名前を知らなかったけど、そんな凄い会社があったのかと驚く事が何回もありました。僕の会社もその一つです。今は会社の期待に応えられるように頑張りたいと思ってます。ちょっとでも今のうちから力を付けられるよう、入社までの間しっかり勉強頑張ります!

PAGE TOP