今しかできない就職活動を楽しむ!

就職活動準備期

まずはしっかり準備をして…

先輩から「早めに就職活動の準備をしておいた方がいい」と聞いていたので、11月から1月は就職活動対策として、履歴書の書き方などを徹底して練習しました。また、合同企業説明会に参加し色々な会社の話を聞いて情報収集をし、自己分析をして自分を見つめ直しました。自分は機械系を専攻しており、それを活かせる業界での研究・開発職を志望していたので、そういった会社の個別セミナーに1月から2月は参加し、3月から4月はそれらの選考に行き始めました。志望する会社から内定をもらい、納得して就職活動を終えたいと思っていたので、その目標に向けてやる気に満ち溢れていました。

就職活動転換期

転んでもただでは起きない!

しかし初めての面接では非常に緊張してしまい、自分が何を話したいのか分からなくなり、相手の話もよく理解できませんでした。結果は不合格だったので落ち込みました。せっかく足を運んだのに、緊張で自分を出せず非常に悔しかったです。しかしそれがきっかけで面接への臨み方を「準備して自ら攻める!」というやり方に変えました。まず会社のことを調べて概要を理解しておき、当日は疑問に思ったことを質問し、また自分のことを知ってもらえるよう積極的に発言する。そういったことを意識して臨むようになって、面接も楽しめるようになりました。

就職活動決定期

全力は出せた。結果はついてくるはず。

そんな時、サポートアイさんを通じて、ある会社に出会いました。そこは大学で専攻している分野を活かせる会社だったので、興味を持ち、説明会に参加しました。仕事内容にも興味を持っていましたが、何より社内の雰囲気が良く、「ここで一緒に働いてみたい」と思えました。最終面接も自分としては楽しく、積極的に意見を言い、攻めることができた、と感じていました。達成感があったので、これで不合格であれば、社風が自分に合わなかったと切り替えて、次に向けて頑張ろうと思っていました。今までで一番自分を出せた面接でした。そして結果は合格。入社意思を伝え、納得して就職活動を終えることができました。

就職活動を終えて

就職活動は将来を決める重要なことではありますが、今しかできないことなので楽しんでほしいと思います。自分も楽しんでやっていました。確かに「しんどいな」と思った時期もありましたが、全般的には楽しかったし、有意義な時間でした。しっかり準備をして、自信を持って臨めば楽しめると思います!

PAGE TOP