自分の志望にピッタリの企業を紹介していただくことができました!

就職活動方向決定期

好きな事を仕事にしたい一心でした

私は幼い頃からプラモデルをつくるのが趣味で、どのようにパーツを組み合わせたら稼働領域が広がるかなど工夫して、モノを作るのが好きでした。また、大学で機械系の勉強をしていることもあり合同企業説明会では、設計職で募集をしている会社の話を色々と聞いてまわりました。数多くの会社の説明を聞くなかで、一番興味のあったモノが「金型を作る機械」でした。

就職活動休止~再スタート期

焦りと不安の4カ月を乗り越えました

5月に面接を1社受けました。当日、時間ぎりぎりに会場に到着し、焦っておりそのまま気持ちを切り替えることも出来ず不完全燃焼で終了しました。結果はもちろん不合格でした。その後、6月~7月の間は一身上の都合で就職活動が出来ず、8月~9月は学会のため就職活動ができませんでした。周りがどんどん就職活動を終えていく中でとても不安な4カ月でした。ひと段落できたのが10月だったのでかなり出遅れていると感じながらも、「やるしかない!」と気持ちを切り替えて就職活動を再スタートさせました。そして、設計職を募集している会社の説明会に参加した際サポートアイさんに出逢いました。就職活動の状況や、自分の見ている職種のことを話すと「ピッタリの会社があるよ!」と、自動車のステアリングの金型を作る機械を作っている会社を紹介してもらうことができました。

就職活動転換期

やっと自分のやりたいことができる会社に出逢えた

サポートアイさんから紹介してもらった企業の選考を受けた際に、工場見学もさせていただきました。説明を聞くと自分が思っていた以上に金型の機械は奥が深く、聞けば聞くほどワクワクしたことを覚えています。面接では、役員の方がとても気さくに話をしてくださり、自然体で臨むことができました。面接終了後にすぐに「とても評価をしていて、このまま内定を出してもいいと思っているのだけれど、どうする?」と言っていただき、今まで受けてきた会社の中で一番、自分のやりたいことを自然体でやれる会社だと思ったのですぐに入社を決めることができました。

就職活動を終えて

私の就職活動は同時に数社受けず1社1社選考に進むというやり方でした。効率は悪いと思いますが、性格上1つに全力投球しないと気が済まないタイプなのでこのやり方を選択しました。効率よくするために同時に会社を受ける方法でもいいと思います。しかし、1社1社きちんと向き合い自分の気持ちを100パーセント伝えることが大切なのを忘れないで頑張ってください!

PAGE TOP