初めて面接が楽しかった!

就職活動とりあえず期

何もわからないところからスタート

3月1日就職活動解禁ということでこの日、就職ナビへの登録をしました。と言っても、本当は登録だけなら事前にできたのですがそれまで何もしていなくて、とりあえず就職活動スタートということで登録だけしました(笑)。学校の就職ガイダンスで「自己PR」は少し考えていたのですが、「まあ、なんとかなるだろう」と思っていたので企業検索をすることもなく、職種や業界の違いもまったくわからない状態でした。その後、友人に誘われて合同企業説明会に参加したのが、実質初めての就職活動。私は理系なのですが、業界の違いや職種のことなど本当に何もわかっていなかったので、文理も何も気にせず声をかけてもらったらブースに座る、という状況でした。
その中でたまたまものづくりの会社のブースに座って、初めて「メーカー」という存在を知りました。合同企業説明会で見たどの会社よりも魅力的に見え「ものづくりって面白そう」と思いました。

就職活動ターゲット決定期

メーカーに行こう!!

そこからはメーカーに絞ってナビを見るようになり、学内セミナーでもメーカーで聞けるところは全部聞きました。そうしているうちに「ものづくりであれば何でもいい」から「作りたいと思えるものを探そう」と考えるようになりました。その頃から選考もスタートし始め、その中の一社は担当の方と1対1で話す機会があり、連絡も頻繁に貰っていたので「ここに行きたい」と思うようになりました。しかしその後、その会社が大量採用をしていることを知り、駄目だと判断されたらすぐ次の人員に替えるというような雰囲気に「何か違う」と思い、選考を辞退しました。

就職活動出会い期

面接が楽しい!

何もわからず活動していた時は勤務地も拘っていなかったのですが、だんだんと自分が働いた際のイメージを持つようになると、勤務地は地元関西がいいなと思うようになり、ちょうどその頃サポートアイさんに出会いました。「メーカーで大阪勤務がいい」という希望を伝えて2社紹介してもらった時は、正直「近いし、転勤もないし、まあいいか」くらいの気持ちでいたのですが、説明会に参加して「作っているものが面白そう」と直感で感じた1社の選考に進みました。その時、ナビから自分で探した企業の選考も進んでおり、正直そちらの会社に行きたいとその時は思っていました。しかし、選考が進むにつれ、サポートアイさんに紹介してもらった会社への志望度が高まり、最終選考の時には2社のうちどちらかという気持ちになっていました。最初にナビで見ていた会社の最終選考を受けたのですが、終わってみて感じたことは「この社長の下で働くのか…」という少し暗い気持ち。次にサポートアイさんに紹介してもらった会社の最終を受け、その時思ったのが「楽しい!!」でした。今まで何社も選考を受けてきましたが「面接が楽しい」と思ったのはこれが初めてでした。

就職活動を終えて

最終的には両方とも内定を貰うことができたのですが、最終選考が終わった時点で私の気持ちは決まっていました。面接が楽しく、「この人たちとなら楽しく働けそう」だと思ったからです。なにもわからずスタートしましたが、最終的に「一緒に働きたい」と思える人たちのいる会社に出会えて本当に良かったと思っています。

PAGE TOP