「入りたい!」と思えたのは、社長の考えに共感したから

就職活動スタート期

苦手だからこそ克服したい!

授業でプログラミングの勉強をしていたのですが、正直言ってまったく得意ではありませんでした。むしろ不得意科目と言った方がいいと思います。それでも自分のような学部卒の理系が活躍できるのはIT業界しかないのではないかという思い込みがあって、IT業界の説明会に参加していました。しかしそこで「学校での授業もさることながら、実際入社してからの努力の方が重要」という説明を聞き、「それならば苦手な自分でも努力次第でやっていけるのではないか。苦手だからこそ克服したい!」という気持ちになり、本格的にSEを志望するようになりました。

就職活動モヤモヤ期

SEになりたいけど…

ですが、SEになりたいと言っても自分には「どんな会社で働きたいのか」「どんな風に成長したいのか」という軸がまったくありませんでした。「なんとなく良さそうだから」というだけの理由で受験しても結局不合格。その会社に対する伝えたい思いがないから、当然相手には何も伝わりません。落ち続け、学校の就職相談室に行くと「SEに興味が持てていないのでは…」と言われ他の業界も受けてみることを勧められました。
確かに他の業界も受けてみるべきかと思いメーカーの工場見学に行ったり、設計職募集の説明会に参加してみました。
でもやっぱり興味が持てない…しかし他を見てみることで、SE職になりたいという気持ちだけは再認識できました。

就職活動出会い期

社長の考えに共感!

その後一社大手ソフトウェア会社に内定をもらったのですが、全国に配属の可能性があることがひっかかり、返事を待ってもらっていました。サポートアイさんに出会い、今の内定先の説明会に参加したのは丁度その頃です。
一次選考で社長に会った際、笑顔で気さくに声をかけてもらい、そんな風な社長にお会いしたことがなかったので「雰囲気のいい会社だな」と思ったことが印象的でした。
「この会社に行きたい」と思うようになったのも、社長の考え方に共感してからです。技術派遣として他社に労働力を提供するためではなく自社のレベルを上げるために技術力を磨いてほしいというお話や、下請けのように扱われるのではなく自分たちで営業もして顧客と付き合っていくべきだという考え方等、共感できるものが多くありました。
何より、大手では社長に直接会って意見を言うような機会はほぼありませんが、ここでは社長と直接話すことができるので「自分の意見を社長に直接は直接伝えることができるこの会社の方が成長できる」と思いました。そう思うようになると「この会社に行きたい!」という気持ちも高まり、最終選考の前にその気持ちをサポートアイのスタッフの方に話しました。すると選考前にスタッフの方がそのことを社長に伝えてくれていたようで、面接の時にもその話題が出てスムーズに話が進みました。面接での自分のアピールとサポートアイさんからの事前情報の相乗効果によって内定をもらえ、本当に嬉しかったです。

就職活動を終えて

自分がどんな軸を持って就職活動をしていくのか。私の場合その軸をもっと早くに決めれば良かったと思います。そうすればサポートアイさんがその「軸」に合った会社を教えてくれるので、後は頑張るのみです。軸さえ決めれば、逆に言うとどんどんサポートアイさんに相談するといいと思いますよ。

PAGE TOP