サポートアイさんと出会って、「自分」を表現できるようになりました

就職活動無気力期

3カ月遅れで、就職活動をスタートしました

12月解禁の就職活動でしたが、所属しているゼミや周りの友人は就職活動をやる雰囲気は全くなく、合同企業説明会にも参加することはありませんでしたので、自分が就活生である自覚は無いに等しかったのが12月の現状でした。しかし企業が本格的に面接などを始めるのは2月頃だと知っていたので、自分も2月頃から就職活動すればいいか・・・と軽く考えていました。しかし、諸事情や部活等で2月は思ったより忙しく予定は大幅に遅れ3月スタートの就職活動になりました。

就職活動困惑期

ダラダラと就職活動をやっていました

大学2回生の頃から、自分はパソコンが好きでそういった関係の仕事に就きたいなと考えていたので業界は最初から絞ることができていました。3月は「とりあえず、受けるところから始めないと」と思い大学で勉強したことを活かした仕事ができる会社を1社受験しました。しかし4月になると授業で忙しくなり、授業の無い土日で説明会に参加しようと思っていたのですが、自分の興味のある会社は土日に説明会を開催しておらず、なんとか。都合をつけてIT関係の会社の面接を数社受けたのですが、そこでも不合格。選考に落ち続けることで自分の考えが甘かったことが分かりました。7月になりさすがにまずいと思ったので、本腰を入れて活動しました。そしてその頃に受験した会社の面接で、面接官の方に自分のダメなところをとことん指摘されました。そして最後には「きみ、就職活動やる気ないよね。」と言われたのですが、そういわれても仕方のない状態だったので自分の情けなさに落ち込んでいました。

就職活動改善期~決定期

1つ1つのアドバイスがとても嬉しかったです

そんな時にサポートアイさんと出会いました。ある会社を紹介してもらった際にこれまで自分が面接で何度も落とされてしまったことを伝えると、面接を受けに行く道中で、面接で意識することを教えていただきました。特に1回目の面接では一緒に入っていただき、終了後に客観的に見てどうだったか、何を直すべきなのか等についてを教えて下さいました。また最終面接の前日には電話を頂いて、「もし、内定をもらうぞ!という気持ちがあるのであれば、行きたいという意思表示をしっかりしなさい。」とアドバイスを頂きました。そして当日面接に向かう電車の中でも
どういう内容であれば自分の想いが相手に伝わるのか確認してもらって面接に臨みました。そのおかげで、面接も想いをしっかりと自分の思ったことを伝えることができ、無事内定をいただくことができました。

就職活動を終えて

2015卒の就職活動は12月からでしたが、来年度から3月開始になります。今までの就職活動の経験談がどれだけ役立つかは分かりませんが、先輩から経験談を聞くことも大切だと思います。そして、最後は「自分」ですから、どんなことがあっても諦めず納得のいく形で就職活動を終えられるよう、頑張ってください!

PAGE TOP