文系だけどSE職として専門技術を身につけ、働きたい。

就職活動楽観期

結構すぐ内定もらえるかも?!

就職活動を開始した当初は、将来、「あの業界の会社も説明会に行ったら良かったな。」という後悔をしたくなかったので、業界を絞らず色々な会社に足を運んでいこうと思っていました。
3月に初めて選考を受けた会社で1次、2次、3次選考を通過して最終面接まで進みました。最終面接まではリラックスできる雰囲気でしたが、最終面接は役員の方も出てきて、プレッシャーもかかり、それまでのようにはいきませんでした。結果は不合格でしたが、初めての選考を受けた会社で最終面接まで進めたことは自信になりました。また、色々な会社の話を聞くこと自体が新鮮で楽しかったので、不合格通知を受け取ることも、もちろんありましたが、数カ月間はモチベーションを高く保って活動していました。

就職活動焦り期

内定をもらう友人が増えてきた・・・。

しかし6月頃、内定をもらって就職活動を終える友人が増えてきました。それまでと違って、焦りの気持ちが出てきました。業界を絞らず活動してきたことにより、履歴書の志望理由が漠然としているのではないか、と気になり始めたりしました。そこで自分を見つめ直し、今まで説明会に参加した業界で、何の業界が本当に興味があるのかを考えました。そして出した結論は「IT業界でSEとして、技術を身に付けて働いていきたい」でした。自分は文系でしたが、手に職をつけられる仕事が魅力的に思えたのです。

就職活動転換期

この会社で働きたい!

それからはSE職採用の説明会に絞って参加しました。しかし文系なので面接で専門用語を使って話されると分からないこともあり、なかなかうまくいきませんでした。「SE職に興味はあるけど、自分には無理なのかな。」と思っていた矢先、サポートアイさんに出会いました。
自分は実家が神戸なのですが、地元神戸のIT業界の会社をサポートアイさんに紹介してもらいました。その会社の社長は説明会から参加して、話をしてくれました。社員を大切にしていて、仕事にプライドを持って働いているということがすごく伝わってきました。また、社員さんの雰囲気も良く、説明会での座談会の時間もあっという間に過ぎていました。「この会社ならSE職としての技術を習得でき、しかも楽しく働くことができる!」と、感じました。あとは自分をアピールしていくのみでした。最終面接でも、「この会社で働きたい!」という自分の気持ちをしっかり伝え、内定をもらうことができました。

就職活動を終えて

当然ですが、採用が終了してしまったら、説明会に参加できません。興味のある会社を後から見つけても遅いです。後悔する前に、早めに準備をして機を逃さないようにしてください。あと、闇雲に選考を受けていても結果は伴わないと思います。漠然としたものではなく、面接官に納得されるような志望理由を準備して、臨んでください。就職活動は振り返ると、苦しかったです(笑)企業の話を聞けて楽しかったですが、やはり内定をもらえてないと焦りましたし、落ち込みました。良い会社を紹介してくださって、ありがとうございました!

PAGE TOP